生産性アップ

メモ魔におすすめ!ハードタイプのノートカバー【コクヨ キャンパス ノ-615B-D】

投稿日:

こんにちは、たっくんです。

  • メモの魔力を読んで、メモを書く習慣を始めた
  • コスパを考えてA5ノートを使っている
  • 外出先でメモを取りたいけど、ノートがペラペラ曲がって書きづらい

そんな悩めるメモ魔におすすめしたいのが、ハードタイプのノートカバー【コクヨ キャンパス ノ-615B-D】です。

メモ魔にオススメのノートカバーを見つけた!

コクヨノートカバー

悩めるメモ魔というのは、実は先日までのぼくのこと。やっとメモに適したカバーを見つけたので、メモ魔のみんなに共有したくて記事を書いています。

今回おすすめしているコクヨのノートカバーの魅力は5つ。

  • ハードなので外出時のメモがしやすい
  • コスパが良い
  • デザインがミニマルでかっこいい
  • ノートを2冊収納できる
  • メモに最適なA5サイズ対応

順に紹介します。

ハードなので外出時のメモがしやすい

一番重要なのがこれですね。ノートでメモを取っていて一番厄介なのが、外出時にペラペラと曲がって書きにくいこと。

コクヨのノートカバーは、完全にハードではないけれど、けっこう固め。立ってメモするには不安が残るけど、移動時の車内などで膝やカバンの上でメモするには全く問題ない固さです。

今までは外出時のメモ作業にかなりイライラしていましたが、このノートカバーのおかげで解消されました。

コスパが良い

A5ノートが一冊ついて1,000円しないくらいで買えます。ほぼ日のカバーとか他の商品と比較しても、かなりコスパ良しですね。

しかも、ついているノートがメモに向いていて、目盛りがついている罫線タイプのノートです。ぼくはもともとこのノートでメモをしていたので、まったく無駄になりませんでした。

デザインがミニマル

外観がとてもミニマルでシンプルです。ほぼ日カバーみたいな要塞感のあるカバーも嫌いではないんですが、シンプルなカバーの方がメモに集中できる気がしますね。

表紙がシースルーなタイプと、マットなブラックなタイプがあります。個人的に、ブラックタイプの方が、かっこよくておすすめ。

ノートを2冊収納できる

ノートを2冊収納して持ち歩くことができます。

これは公式にアナウンスされている使い方ではないので自己責任になりますが、下の写真のようにノートを差し込むことで2冊収納が可能。ぼくは「通常のメモ用ノート」「読書メモ用のノート」の2冊をはさんで使っています。

コクヨノートカバー

メモに最適なA5サイズ対応

個人的に、メモに最適なノートのサイズはA5だと思っています。

メモ魔の発起人(?)である前田裕二さんが愛用されているのはモレスキンは最高にカッコよくてぼくも大好きです。が、若干縦長サイズなので、抽象化とか転用の部分の横幅がせまくなってしまうところが惜しいんですよね。

その点、通常のA5ノートだと、少し横幅が広がるので余裕を持って抽象化と転用を書きやすくなります。メモの達人になれば、横幅の短さが気にならなくなるかもしれないですが。

その他

残念だなーと思う部分がないわけではないので、そこも書いておきます。

まず、しおりがついていないこと。これは、無印良品などで買える「シールで貼り付けるしおり」をつけることで対応可能です。

次に、資料などをはさめるポケットが1つ余分についていること。カバーを広げるとこんな感じになっています。

コクヨノートカバー

ポケットが2つついているのですが、正直1つで十分ですね。ぼくはA4用紙を二つ折りにした紙を数枚と、ほぼ日カズン用の下敷きをポケットにはさんでいます。

ということで、駆け足でカバーの紹介をしてみました。メモ魔ライフの参考になったらうれしいです。

 

\\ この記事をシェアする //

-生産性アップ

Copyright© スープダイアリー , 2020 All Rights Reserved.