絵・水彩画

水彩画家・柴崎春通先生おすすめの画材まとめ

投稿日:

水彩画家・柴崎春通先生がYouTubeチャンネルで紹介されている画材をまとめています。
柴崎先生のYouTube動画を見ながら、随時追記していきます。

もともと、自分が画材を購入するためにまとめている情報なので、淡々と書いていきます。
記事にして公開しておくことで、あわよくば水彩画に取り組む誰かの役に立てたらいいなと思います。

関連記事
水彩絵の具の写真
柴崎春通 水彩画講座 超基礎編のまとめ

水彩画家・柴崎春通さんのYouTube動画があまりに有益なので、ポイントをまとめていきます。実際に水彩の勉強を進めつつ、随時追記します。

続きを見る

水彩画家・柴崎春通先生おすすめの画材

水彩紙:ワトソンブックF6

柴崎先生が動画内でオススメしてるのは「ミューズ 水彩紙 ワトソンブック F6」です。

ちなみに、F0からF6までの各サイズは以下の通り。

0号 180×140
1号 220×160
SM 227×158
2号 240×190
3号 273×220
4号 333×242
6号 410×318

正直、F6はかなり大きいですが、のびのび描くなら6号くらいあると良さそうです。
A4サイズ(210×297)くらいにしたいなら3号ですね。
3号ならA4まで対応の家庭用スキャナーで絵を取り込むこともできます。

ちなみに、アニメーション映画監督・宮崎駿さんがオススメしているのは、「ミューズ 画用紙 ホモブック ホワイト」。
三鷹の森・ジブリ美術館で販売している水彩画セットに、ホモブックのF1サイズが入っています。

紙の厚さは、ワトソンブックが239g、ホモブックが169gなので、ワトソンブックの方が水に強い本格的な水彩紙です。

水彩筆:ニューリセーブル20号

柴崎先生のオススメは20号サイズの水彩筆。
動画を見る限り「ホルベイン 水彩筆 ニューリセーブル 3100R 20号」を使われています。

以降は随時追記していきます。

パレット

水桶

絵の具

その他

 

 

\\ この記事をシェアする //

-絵・水彩画

Copyright© スープダイアリー , 2020 All Rights Reserved.