夫婦関係

主夫の「好きな料理」は「妻の手料理」であるという話

更新日:

主夫の好きな料理

たっくん
こんにちは、たっくんです。

今日の記事は、「いつも料理を作っている主夫は、妻がたまに料理をしてくれるとすごく喜ぶよ」という話です。

こんな方にオススメ

  • いつも主夫の旦那さんに料理をしてもらっている
  • 主夫が好きな料理を知りたい

主夫の「好きな料理」は「妻の手料理」である

先日、instagramで「好きな料理はありますか?」という質問を頂きました。

好きな料理ってなんだろなーと考えながら、主夫として料理を始める前と後で「好きな料理」の基準が変わっていることに気がつきました。

料理を始める前は、味とか好みとか、美味しく感じるかどうかが「好きな料理」の判断基準でした。

それが、料理を始めた後は、家族が作ってくれる料理がじぶんの「好きな料理」になっていました。

この変化の一番の理由は「料理を作ることの大変さ(料理に必要なエネルギーの大きさ)を知った」からです。

献立決めて、買い出し行って、調理して、後片付けして、、、と、料理に必要なエネルギーってすごく大きい。

これは、料理をすることが好きか嫌いかに関わらない話です。

意志力、時間、体力を使うという点において、必要なエネルギーが大きいんですよね。

だから、妻がエネルギーを使って料理をしてくれると、本当に「ありがたいなぁ」と感謝の気持ちで胸がいっぱいになる。

この「ありがたいなぁ」という気持ちは最高のスパイスになるので、食べた料理が実際以上に美味しく感じます。

これが、主夫であるぼくの一番好きな料理が、妻が作ってくれる料理である理由です。

豪華じゃなくても、全部じゃなくても良い

もしあなたが料理嫌いでも、心配することはありません。

作る料理が豪華じゃなくても、全部作らなくても、主夫を喜ばせることは可能です。

例えば、今のぼくが好きな料理は、「ミートソース」と「餃子」です。

ミートソースは、数少ない妻が得意な料理で、最初から最後まで1人で作ってくれます。

シンプルな料理だけど、すごく好きです。

餃子は、「タネを皮で包む」パートが妻の担当で、100個でも200個でも包んでくれます。

餃子を包む娘

この写真は娘ですが、その横で妻も黙々と餃子を包んでくれています。

包む以外のパートはぼく(と娘)の担当ですが、妻が一緒に作ってくれる料理だから、餃子が好き。

豪華な料理じゃなくても、全部やらなくても良いんですよね。

要は「料理にエネルギーを投入してくれている」かどうか、気持ちの問題ですから。

ですから、心配せずに、気が向いた時に料理をしてみてください。

きっと、主夫は喜ぶはずです。

なお、惣菜を買ってくるとか、外食する、とかではこの感謝の気持ちは湧いてきません。

なので、惣菜や外食はラクではあっても、本記事で言うところの「好きな料理」にはなり得ないわけです。

・・・と、ここまで「主夫の好きな料理」について語りましたが、世の主夫(主婦)のみなさんはどう思いますか?

感想やご意見ありましたら、instagramやtwitterなどで教えてくれたら嬉しいです。

それでは、また明日。

 

\\ この記事をシェアする //

-夫婦関係

Copyright© スープダイアリー , 2020 All Rights Reserved.