夫婦関係

外で働く夫を「気楽でいいね」と僻んでしまう人はいませんか?

更新日:

悩む女性

女性

僻んでしまう人
「外で働く配偶者に対して、あなたは気楽でよいよね。。。と僻んでしまうことはありませんか?」

 

たっくん
こんにちは、食生活アドバイザーのたっくんです。

サラリーマン歴15年、主夫歴1年のぼくの場合、外で働く妻に対して「気楽でいいなぁ」と僻んでしまうことはありません。

なぜなら、外で働くのも、家の中で働く(家事や育児をする)のも、両方大変だと思うからです。

本記事の内容

  • 家の外で働くのも中で働くのも大変
  • 配偶者が気楽そうに見えるのは良いことかもしれない
  • 配偶者を僻まないで済む方法

 

家の外で働くのも中で働くのも大変

少なくとも自分に関して言えば、外で働いていて気楽だと思ったことはありませんでした。

妻が専業主婦で、幼い子どもがいるので、お金を稼ぐことへのプレッシャーもありましたし、承認欲求が満たされない(褒めてもらえない)ツラさ、複雑な対人関係からくるストレスも感じていました。

あとはとにかく満員電車がツライ、圧倒的にツラすぎる。あれはもう地獄ですね。

これらが積み重なって、できることなら家にいたいと思っていました。

それなら、念願かなって主夫になったら気楽になったか?

というと、そうでもありませんでした。

3食の料理、お弁当作り、買い出し、掃除洗濯、子どもの送り迎え、子どもと遊ぶ、子どもとおやつを作る、子どもとお風呂に入る、子どもを寝かしつける・・・。

主夫(主婦)にはやる事が山ほどあるので、意識的にラクをしていかないと自分の時間は持てない。

結局、どちらも大変なんだと思います。

配偶者が気楽そうに見えるのは良いことかもしれない

外で働いても、中で働いても、どっちも大変という前提に立った場合、「配偶者が気楽に見える」というのは良いことなのかもしれません。

だって、働くという大変なことを楽しんでいるんですから。

同じ大変なことをするんだったら、楽しんでできる方が圧倒的に人生が豊かになりますよね。

もしも、本当は大変だけど「楽しんでいるように見せている」のだとすれば、それは相当な努力や気遣いの成果かもしれないです。

なので、配偶者が気楽そうにしていたら「楽しそうにしてくれていて、ありがとう。」という気持ちになるくらいがちょうど良いように思います。

配偶者を僻まないで済む方法

もし外で働く配偶者を僻んでしまっている人がいたら、ぼくからできるアドバイスがひとつあります。

それは、感謝の言葉を配偶者に伝えること。

「思う」だけではダメで、「言葉にして伝える」ことが重要です。

ありがとうの気持ちを伝えると、それは鏡のように反射して、あなたに返ってくることでしょう。

夫婦がお互いの立場を尊重し、感謝しあって、ともに自分を高めていけたら、きっと僻むことなんてなくなりますよね?

今回のお話がちょっとでも参考になれば、とてもうれしいです。

それでは、また。

 

\\ この記事をシェアする //

-夫婦関係

Copyright© スープダイアリー , 2020 All Rights Reserved.