料理道具

ミニマリストな主夫がキッチンで使っていないものたち

更新日:

こんにちは、ミニマリストな主夫たっくんです。

ぼくは日頃から、テレビもソファもない、かなりものが少ない暮らしをしています。

キッチンについても同様で、できるだけ不要なものを使わずに済ませています。

具体的には、キッチンだとこの5つは使っていません。

  • 排水溝のフタ
  • 三角コーナー
  • 炊飯器
  • ふきん
  • ゴミ箱

排水溝のフタはヌメリやカビの温床になるので、引っ越してきた直後に外しています。

三角コーナーも同様に汚れのもとになるので使いません。

代わりに、ビニール袋をシンク周りにおいて、そこにゴミを入れて捨てます。

ゴミ箱も使わずに、自治体指定の袋を置いて、ゴミ箱代わりにしています。

10リットルとか20リットルの小さめのゴミ袋にしておけば、ゴミをためすぎてしまうこともありません。

炊飯器の代わりは土鍋。

土鍋ならお鍋もできますし、場所も取らず、電源を取るための配線を気にする事もなくなります。

何より、炊飯器で炊くよりも、土鍋の方がお米が美味しく炊けます。

台所専用のふきんは置かず、キッチンペーパーか、浴室で使っているのと同じタイプのフェイスタオルを使います。

持たないことで、メンテナンスする時間や手間から解放されるので、気持ちが軽くなります。

当たり前に「必要」だと思っているものを疑ってみて、試しに使うのをやめてみることから始めてみるのがオススメです。

 

\\ この記事をシェアする //

-料理道具

Copyright© スープダイアリー , 2020 All Rights Reserved.