食育絵本

【玉ねぎ嫌いな子におすすめの食育絵本】たまねぎちゃんあららら!

更新日:

たまねぎちゃんあららら!

こんにちは、食生活アドバイザーのたっくんです。

今回は、玉ねぎが嫌いな子どもにおすすめな食育絵本「たまねぎちゃんとあららら!」を紹介します。

玉ねぎ嫌いな子におすすめの食育絵本「たまねぎちゃんあららら!」

たまねぎちゃんあららら!表紙

絵本情報

書籍名 たまねぎちゃんあららら!
つくるもの カレーやハンバーグなど玉ねぎを使った料理
作者 長野ヒデ子
ページ数 24
出版社 世界文化社
出版年月 2012/8/21

絵本のあらすじ

「たまねぎ」ほど不思議な優れものはない。

あの丸っこい体で、どんな料理も引き立てるからすごい。

台所の王者だ! 保存もきくし、体にもいいからすばらしい

この「たまねぎ」の底力を子どもと一緒に楽しみたい。「たまねぎねぎねぎたまげるぞ!

この絵本にもたまげてほしいなあ! …と絵本作家の長野ヒデ子さんはおっしゃいます。

たまねぎの家族が料理に大変身して、子どもたちの大きらいが大好きに変わる絵本。

驚きと発見がいっぱいです。読み聞かせなら3歳から。ひとり読みなら6歳から。

レシピ

この絵本にレシピはのっていません。

絵本を読んで玉ねぎに興味をもったら、料理本などを見ながらカレーやハンバーグなどを子どもと一緒に作ってみてください。

ぼくが今回カレー作りの参考にしたレシピ本は「ゆる自炊BOOK」です。

20分で美味しいカレーができあがって感動しました。

おすすめポイント

玉ねぎって、いろいろな料理に入っている割には、子どもからの評価が低い可愛そうな野菜なんですよね。

この本を読むと、玉ねぎに対する子どもの見方が変わる、かもしれません。

玉ねぎが飛ぶ

たまねぎちゃんたちが、歌いながら料理に飛び込んで、、、

玉ねぎがカレーになる

カレーになって、、、

玉ねぎ料理をみんなで食べる

みんなで「いただきます!」

玉ねぎが笑う

美味しく食べてもらった玉ねぎ家族が、笑っておしまい。

ちなみに、玉ねぎが目に染みるのは、空気中に蒸発した玉ねぎの成分が目に入るからなんです。

なので、玉ねぎを冷蔵庫で冷やしておいてから切ると、成分が蒸発しにくくて目が痛くなりにくいんですよ。

ーーー

以上、今回ご紹介した食育絵本は「たまねぎちゃん、あららら!」でした。

玉ねぎ嫌いの子どもにおすすめの一冊です。

 

\\ この記事をシェアする //

-食育絵本

Copyright© スープダイアリー , 2020 All Rights Reserved.