食育

子どもが固いものを食べると虫歯になるリスクを減らせる理由

更新日:

固いものを食べて、虫歯のリスクを減らす

こんにちは、食生活アドバイザーのたっくんです。

今回は、子どもが虫歯になりにくい食生活についてお話しします。

わが家では、娘(5歳)の歯を食事のたびに仕上げ磨きしており、歯医者の先生からは「めっちゃキレイ!」とお褒めの言葉を頂いております。

とはいえ、油断は禁物ということで、

「子どもが将来にわたって虫歯になるリスクを減らすために、食生活において気をつけたほうがいいことって何ですか?」

という食生活アドバイザーらしい質問を、歯科衛生士のお姉さん(一児のママ)にしてみることにしました。

返ってきた答えは、以下のとおり。

「やわらかいものばかりではなく、固いモノを食べさせたほうがいいです。アゴが発育して歯並びが良くなるからね。」

固いものを食べるとアゴが発育して歯並びがよくなる

固いものを食べる時には、しっかりとアゴを使いますよね。

モグモグモグモグと、食べものをしっかりとかみしめます。

そうやってアゴをよく使っていると、アゴが刺激され、よく発育して大きくなります。

歯はアゴから生えているので、アゴがある程度大きいと歯並びがよくなります。

逆にアゴが小さいと、歯がキレイに並ぶスペースが確保できなくなって、歯並びが悪くなります。

歯並びが悪いと、歯磨きをしても汚れが落ちにくくなり、歯石がたまりやすくなります。

そうすると、虫歯になってしまうんですよね。

こわいですねー。

子どものおやつは、おせんべいがオススメ

つづけて、歯科衛生士さんに、

「固いものって、たとえば何がいいんですか?」

と聞いてみました。

歯科衛生士さんのオススメは、「おやつに、おせんべいを食べること」。

バリバリ固いせんべいでアゴを鍛えるといい、というわけですね。

ふだんの食事で考えるなら、白米よりも玄米の方がしっかりとアゴを使いますから、歯に良さそうです。

あとは、根菜や小魚などもいいですよね。

パパママとしては、愛しいわが子の「食べやすさ」を考えて、やわらかくて、口あたりの良い大きさの食べものを優先してしまいがちですよね。

でも、本当に子どもの健康を考えるなら、適度に固いものを食べさせてあげることが大切だなと思います。

子どもの歯の健康を考えるひとが合わせて読みたい記事

アイキャッチ
お酢を愛用している人が虫歯になりやすい理由と対策

こんにちは、食生活アドバイザーのたっくんです。 このブログを愛読してくれているあなたは、きっと自分や家族の健康や食生活に関心がある方ですよね。 そんな健康志向の方に多いのが、「お酢」を愛用している人。 ...

続きを見る

 

\\ この記事をシェアする //

-食育

Copyright© スープダイアリー , 2020 All Rights Reserved.