一汁一菜

毎日の料理を楽にする、野菜たっぷり作りおきスープの作り方

更新日:

鍋から溢れそうな野菜

女性

毎日スープを作るのが面倒な人
「野菜がたくさん取れるスープ料理を続けたいけど、毎日野菜を切ったり煮たりするのが面倒。。。」

 

たっくん
「そんな悩みにお答えします。」

本記事の内容

  • スープは数日分まとめて作りおきしておくと楽できます

  • 単調にならないポイント:その日によって具材をプラスします

  • スープの作りおきに便利なアイテム紹介

野菜がたくさん取れるスープ料理を、健康のために続けたい。

でも、毎日の食事のたびに野菜を切ったり煮たりするのは面倒。

今日の記事では、そんなあなたを楽にする、野菜たっぷり作りおきスープを紹介します。

スープは数日分まとめて作りおきしておくと楽できます

スープは毎回最初から作らなくても大丈夫。

常備菜と同じように、スープも数日分まとめて作っておくと、とっても便利なんです。

たくさん作って小分けにしておいて、食べるときにひと煮立ちさせる。

毎回調理しなくて済んで、すぐに出来上がるのでラクチンですよ。

(具材)

  • キャベツ 半分
  • 玉ねぎ2個
  • にんじん1本
  • しめじ1パック

(作り方)

  1. キャベツ、玉ねぎ、にんじん、しめじを、2センチくらいにザクザクと切ります。

野菜ザク切り

2.お鍋にどっさり載せる。溢れそうでも、火にかければかさが減るので大丈夫。

鍋から溢れそうな野菜

3.大さじ一杯くらいの水をかけます。

水をかける

こんな感じにフタがしまらなくても、いけます。

フタがしまらなくてもOK

4.フタをして弱火で15分ほど蒸します。蒸すことで野菜の旨みを引き出します。

5.ヘラで底からエイやっと混ぜ合わせたら、また5分ほど蒸します。

6.水を入れて、塩で下味をつけたら、中火で加熱します。

煮た野菜

7.ひと煮立ちしたら、すぐ食べる分以外は、そのまま冷まします。

8.琺瑯容器などに小分けして冷蔵庫(もしくは冷凍庫)で保存します。

 

単調にならないポイント:その日によって具材をプラスします

作ったスープは野菜の甘みたっぷりで美味しいですが、その日によって具材をプラスして食べると、バリエーション豊かにすることができます。

まずは、そのままで。

まずはそのままで

アサリを入れて。

アサリスープ

鳥のささみを入れて。

鳥ササミの一汁一菜

スープの作りおきに便利なアイテム紹介

まとめて作ったときに、琺瑯容器に小分けしておくのがおすすめ。

琺瑯容器に保存する

琺瑯容器は直火OK。食べたいときに冷蔵庫から取り出して、具材を足して、そのまま火にかけることができちゃいます。

洗い物が増えなくて、すごく便利ですよ。

まとめ

今日の記事では、毎日を楽にする野菜たっぷり作りおきスープを紹介しました。

ぜひ、野菜たっぷりの健康的な食生活を送ってくださいね。

それでは、また明日の記事でお会いしましょう。

たっくん
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

 

\\ この記事をシェアする //

-一汁一菜

Copyright© スープダイアリー , 2020 All Rights Reserved.